限度額が大きくなるから審査は厳しい?

おまとめローンではいくつかのローンをまとめるわけですから、どうしても借り入れる額は大きくなります。借り入れする額が大きくなると、どうしても審査が厳しくなるのではないだろうか、と不安を感じるかもしれません。実際におまとめローンの審査に通らないといった、口コミ情報などを見かけることもあります。

通常限度額とよばれる利用できる範囲の額を、ローンでは決定します。極度額などとも呼ばれますが、おまとめローンでは追加借り入れできない商品もありますので、その場合は利用額と表記されていることもあります。とにかくどのような名称にしても大きな額を借りるということは、それだけ申し込む方に高い信用度が求められることになります。

信用度というのは利用者が必ず返済する、と金融機関が判断できるかどうかにかかっています。過去に延滞の履歴を残していれば、「また延滞する可能性が高い人物」と判断されてしまいます。借入額が収入に応じてあまりに大きいと、「いずれは返済できなくなってしまうかもしれない。」と受け取られてしまうでしょう。複数申し込みをしていると、「とてもお金に困っていて、返済できないかもしれない。」と判断される可能性も出てきます。それほど、金融機関は信用に関して重視しているわけです。

おまとめローンだから特別に審査が厳しい、なかなか通らないというわけではなく、金融機関は確実に返済する人物に、確実に返済される額だけ貸し付けたいというのが本当のところなのです。担保などがないローン商品では、返済されないと貸し倒れになってしまいます。

おまとめ専用ローンではなく、カードローン等でローンをまとめられるような商品も増えていますが、まとめるから審査が厳しくなるということではありません。借入額が大きくなることで、返済能力に関する審査が慎重に進められると考えておいたほうがよいでしょう。まずは自分の返済能力がどのように判断されるのか、これを一度考えてみましょう。
http://xn--t8j0c1cn45ceb0d.rgr.jp/